出産後入院中の面会訪問。手土産は甘いお菓子より○○がオススメ!

出産入院中の手土産

親しい間柄の人なら、出産後のママを労いに産院へ行くこともあると思います。

「こんなとき手土産は無難に甘いお菓子でいいのかな?」と疑問に思っている人もいるはず。

 

たしかにお菓子好きなママは喜ぶ人もいると思いますが、実はお菓子より喜ばれる手土産があるのです。

今回は出産後の入院中に手土産として持っていくと喜ばれるものを5つご紹介します。



甘いお菓子を避けたほうが良い理由

・授乳中のママは糖分や脂肪分に敏感

・手土産に甘いお菓子を持ってくる人はたくさんいる

「授乳中に甘いものを食べすぎると母乳が甘ったるくなる」というのを聞いたことはありませんか?

実はママの食べたものは、母乳の味や含まれる栄養に影響がでるのです。

ママとしても「甘いものを食べすぎていると赤ちゃんの母乳の飲みが悪くなった!」というのは避けたいもの。

 

また、バターなどの脂肪分が多いものを食べすぎると乳腺が詰まりやすくなります。

乳腺炎や乳口炎などになってしまうと厄介。

間違ってもショートケーキなどは避けましょう。

 

そしてこれはわたしの体験談ですが、産後の入院中に手土産としてお菓子をもってきてくれる人が多いんです・・・

甘いお菓子が大好きなわたしは、美味しそうなお菓子を目の前にして、我慢しなくてはいけないことが辛かったです。

 

本当は「甘いお菓子が食べたい!!」と思いながらも、赤ちゃんのために我慢しているママを理解してあげてくださいね。

 

出産後入院中のお見舞いにオススメの手土産

①果汁100%のジュース

入院中の手土産
わたしが入院中にいただいたもので嬉しかったのが「果汁100%のジュース詰め合わせ」

オレンジやラズベリー、ぶどうなど色々な種類のジュースがセットになったものです。

麦茶に飽きたときや甘いものが欲しくなったときに、少しずつ飲んでいました。

自分で飲みきれなかった分は、お見舞いに来た家族や親戚と一緒に飲むことも。

フルーツの甘みが美味しいジュースは、普段甘いものを我慢しているママに必ず喜ばれますよ♪

 

②かまぼこ

出産入院中の手土産

「え?かまぼこ?」と以外に思う人もいると思いますが、これはわたしが強くオススメしたい手土産です。

授乳したことのある人は分かると思いますが、授乳中はとってもお腹がすくんです!

産院から出される栄養たっぷりのごはんを毎食しっかり食べているのにも関わらず・・・

わたしも夜中の授乳後、お腹が空いたときになにかしらをつまんでいました。

産院から夜食で小さなおにぎりを出してもらう日もありましたが、冷蔵庫になにかつまめるものがあると嬉しいもの。

魚の栄養がたっぷり入ったかまぼこは小腹が空いたときのおつまみに最適なんです♪

「かまぼこを手土産に」と考えている人は、食べやすいよう小分けになっている小さなかまぼこがベスト。

また、着色料などが入っていないものを選びましょう。

 

③ノンカフェインのティーバッグ

出産入院中の手土産
わたしが産後に入院していた部屋は夏でも冷房が効いていて、温かい飲み物は必需品でした。

冷たい麦茶は毎日支給されたのですが、それ以外は自分で用意するしかありませんでした。

なので美味しいハーブティーのティーバッグをいただいたときはとっても嬉しかったです。

授乳中のママにオススメのお茶

☑ルイボスティー

☑ローズヒップティー

☑タンポポ茶

ちなみにママがカフェインを摂取すると、その1%ほどが母乳の成分になってしまうそう。

そうすると赤ちゃんの寝つきが悪くなったり、泣く回数が増えたりします。

カフェインの摂取に関しては、妊娠中から気を付けているママがほとんど。

 

そんなママのためにノンカフェインのティーバッグをプレゼントしてあげると◎

色々な種類が詰め合わせになっているギフトセットは、飽きずに楽しめるのでオススメです♪

 

④おせんべい

出産入院中の手土産

バターやお砂糖たっぷりの甘いお菓子はNGですが、おせんべいなどのお菓子なら◎

授乳中のママはたくさんカロリーを失われるので、高カロリーかつ低脂肪
のおせんべいはおやつに最適。

手土産にベストなおせんべい

☑個包装になっているもの

☑塩分控えめのもの

☑シンプルで優しい味のもの

ちなみにわたしは最近、タニタ食堂監修のおせんべいにハマっています。

生地におからと十六穀米をねりこんだ体に優しいおせんべいです。

これなら健康志向のママにはきっと喜ばれると思うので、気になる方はチェックしてみてくださいね♪

 

 

関連記事もチェック

出産後入院中の面会マナー。訪問時間や手土産は?

2018.08.22